2021年4月実施
『第3回 コロナ禍における企業対応と対策の変化に関するお伺い』
回答結果(抜粋版)

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって1年以上経過しており、
再び緊急事態宣言が出されるなど様々な変化が起きております。

アイティメディアでは、このような状況が働く環境やマーケティング施策へ与えた影響やニーズの変化を調査いたしました。
昨年3月、10月にも同様の調査を行っており、比較することで様々な変化が見えてまいりました。

●今回実施
目的:新型コロナウイルスの感染拡大が企業の対応や対策に与えた影響を調査するため
対象:アイティメディア株式会社のお客様、及びアイティメディアID会員
有効回答数:360
実施期間:2021年3月17日~4月16日
形式:オンラインフォーム

<調査項目>
・職場や働き方の状況と業務効率
・リモートワークの課題とIT環境
・4月以降のマーケティング施策と予算の見通し
・新型コロナウイルスの影響が続く場合、収束する場合それぞれの
 マーケティング施策について
・他社開催のフィジカルイベント・展示会への出展歴・出展予定
・新型コロナウイルスの感染拡大前と比較した新たな課題

4月以降のマーケティング施策
大規模・小規模とわずフィジカルなセミナー・イベントの開催や出店については55%以上の方が、「実施の計画はないし、検討もしていない」との回答がありました。オンラインでの商談、バーチャル展示会・ウェブセミナーを計画されている企業が多いようです。
次年度のマーケティング予算の見通しや今後も新型コロナウイルスの影響が続くと仮定した場合の予算投入施策についても調査しております。詳しくはダウンロードしてご覧ください。

『第3回 コロナ禍における企業対応と対策の変化に関するお伺い』回答結果(抜粋版)
ダウンロードフォーム